コラム~WEB担当者様へ~|NETAXIS

保守更新に関して(第1回) 昔は当たり前だった「保守更新」

保守更新についてです。
システムやサーバーWEBサイト(システムとちょっと重なる部分もありますが)それぞれに保守更新あると思います。
今回は特にWEBサイトの保守更新の話しです。
今ってどれぐらいの制作会社が保守更新をもらってるんだろう?って(ASPやカートシステム使用料とかは除きます)。
弊社も基本的にはいただくようにはしていますが、殆どは「スポット(何かあったときに対応)」です。
サーバーからパッケージ、ドメイン管理からパッケージで展開されている企業さんはホスティング料金やアクセス解析レポートを含んだ金額で提示されているかと思います。
また、中には初期の構築費用は無料で毎月「管理費」ということで保守更新費用をとっている企業さんもみえます。

昔は当たり前だった「保守更新」

WEB黎明期は保守更新料が発生するのが当たり前だったと思います。

TOPICSの記事更新やコンテンツ更新を自社でやれない場合は制作したところに依頼をして、保守更新費用内の作業内容であれば対応する、こんな感じだったと思います。
ただ、問題もありますよね。そんなに記事の更新をしないのにお金を払い続けるのは「損」じゃないかと。
だったら何かあったときに対応してもらいその作業内容に応じてスポットで費用を支払ったほうが割高かもしれないがトータルで見れば安く済む。

それに最近は無料編集ツールも増えて、CMSの使用も増えたので記事の更新も簡単になったし、サーバー側でショッピングサイトのシステムを丸ごと用意してくれていたりもするので制作会社に依頼をしなくても更新が出来るようになりました。

便利な世の中になりましたよね。

ですが、あえて今回のコラムは保守更新について書いていきます。

保守更新がないデメリット

確かに便利なんですけど問題もあるような気もします(いや、別に保守更新費用が欲しいからだけでなく)。
例えばCMSを入れたはいいが、そのCMSがバージョンアップした際の更新はどうするのか、サーバー側でPHPMySQLのバージョンが上がったときは?等です。
もちろん、無理してバージョンあげなくても問題ないこともありますけど、そうでないときもあります。

  • ブラウザのバージョンが上がって、表示が崩れる。
  • CMSのモジュールのバージョンが変わった。
  • 検索エンジンのアルゴリズムが変わった。
  • MySQLのバージョンが変わった/PHPのバージョンが変わった。
  • 攻撃を受けた(これはサーバー側での対処にもなるでしょうけど)。
  • CMS自体のバージョンが変わった。
  • アクセス解析の分析
  • 人事異動で突然WEB担当者にされてしまった。

思いついたのでこれぐらいです。
もちろん構築時にバージョンが切り替わるとかこれらのことを分かってるのにその対策をしておかなかったというのは問題外です。
CMSを入れたけど社内では難しくて誰も使えそうにない、というのも問題外です。